新型コロナウイルス抗体検査について

当院の新型コロナウイルス抗体(IgG&IgM)検査につて

 

※当院で行っている検査は新型コロナウイルスの抗体検査であり、PCR検査、抗原検査ではございません。

抗体検査とは過去の新型コロナウイルスの感染歴を調べる検査で、現在の感染を確認するにはより具体的な診断方法(抗原検査やPCR検査)が必要です。

 

当院ではニチレイバイオサイエンスを通じて販売しているSD BIOSENSOR社のstabdard Q covid 19 IgM/IgG DUO Testキットを使用しております。こちらは医療機関のみで使用を許可されており、個人向けには発売しておりません。こちらはPCR法との比較試験で感度95.7%、特異度96.7%を示しており、慶應義塾大学病院での入院時の研究検査や藤田医科大学の全身麻酔下での手術予定者への検査として使用されています。

 

当日の来院検査も可能ですが、在庫がなくなってしまう場合もございます。予約して頂いている分は確保しておりますので、事前予約をお勧め致します

 

※抗体検査はこんな方に向いています

*元気に過ごしていたが、新型コロナウイルスに感染しても無症状の事もあると聞き、心配な方。

*以前風邪症状があったので、それが新型コロナウイルスだったか知りたい方。

*仕事上、抗体パスポート(抗体陽性であれば新型コロナウイルスに罹りにくいので感染リスクのある仕事に安心してつける)が必要な方。

 

※新型コロナウイルスに一度感染すると抗体ができるといわれています。抗体があることで、再び感染するリスクが極めて低くなります。(新型コロナウイルスに対しては定まった見解がまだ出ていません)

 

IgMは感染の初期段階(約7日以内)で生成されます。IgGは感染後(感染して2週間後から上昇し、数年間持続)に血液中に生成されます。一般的には、IgMは発病中に増える抗体、IgGは回復期に増える抗体と考えられています。

 

ささの耳鼻咽喉科クリニック

095-829-0801 fax095-820-5526

 

院長 佐々野利春

O-リングを使った診察

O(オー)-リングテストとは、親指と他の指(人差し指や中指)で丸い輪(アルファベットの○に似た形)をつくり、この輪を広げるように引く検査です。病気の場所やその人に合わない食べ物や薬では、指で作った輪が簡単に開いてしまいます。また逆に、病気の場所に合った薬を持つと輪がぐっと閉まります。

 

この方法は1970年頃、ニューヨーク在住の大村恵昭先生(現在ニューヨーク心臓病研究所所長、ニューヨーク医科大学予防医学部教授)によって創始開発され、1991年に米国で特許が認められている信頼できる診断法です。

 

そのメカニズムを簡単に説明しますと、現在考えられているのは、人体のあらゆる異常部分(癌、肺炎、感冒、認知症、糖尿病など)では、正常と異なる電磁場になっている。そこを軽く刺激すると、刺激が脳に伝わり、脳がコンピュータとして働き、異常を判断し、指をモニター(画面)として表示していると説明されています。

尚、O-リングの学会は世界中にあり、日本の会員は約600名です。また、このO-リングを使えるようになるにはある程度の修練が必要です。

 

私が診療にO-リングを使う理由は4つあります。

 

1つは例えば風邪に対して薬を使うにしても、頭の中には多くの候補が浮かびます。その中でどれが1番適しているのかをこのO-リングで選ぶことができます。またある程度副作用のチェックにもなります。

 

2つ目の理由は、例えばノドの違和感であっても、原因が胃にあって、胃酸の逆流が原因の場合もあります。こういった離れた場所に原因がある場合中々診断がつきにくいのが現状ですが、O-リングではある程度可能です。

 

3つ目は病気の原因や程度、例えばウイルス等やその量を推測できます。

 

4つ目は漢方薬の選択です。漢方薬は数種類の生薬の組合せから成り立っていて、その人に最も適したものを投与すると非常に効果的です。

 

私は漢方に興味があり長年勉強してまいりましたが、その選択には高度な技術を要し、このO-リングが大変役に立っています。そういった事でO-リングを診療に取り入れ、できるだけ治療効果を上げたいと願っています。

 

ただ、患者さんによっては新興宗教まがいのものと勘違いされ、嫌う方もおられます。決してそういったものではありませんが、O-リングを希望されない方には用いておりません。もちろん、O-リングによる薬合わせなどを行ったからといって診療費が上乗せされることは一切ありませんし、保険外の薬等を勧めるといったこともございません。また患者さんが多いときは、申し訳ありませんがO-リングによる診察をできない場合もあります

 

ささの耳鼻咽喉科クリニック

〒850-0015

長崎市桜馬場1丁目4-17

TEL:095-829-0801

FAX:095-820-5526